残る人への気遣い

1.大終活時代、「子に迷惑かけたくない」 (ルポ迫真)

「あなたも入ってみれば」「思ったより狭いな」。年配の男性が妻の

すすめで体を横たえたのは棺おけの中。白い布団がかけられ、ふたが

閉められた。7月下旬、イオン西新井店(東京・足立)で開かれた

「終活フェア」で参加者向けに企画された入棺体験の風景だ。

 

 

 イオンが催すこのフェアでは葬儀・墓の説明や遺影に使う写真の撮

影、僧侶による悩み相談など多彩なメニューを用意。終活に興味を持

つ多くのシニアが集まった。

 

 隣の荒川区から妻と一緒に参加した横山秀世(82)は「離れて暮ら

す娘2人に苦労はさせたくないという気持ちが強い」と話す。あとに

残る娘たちに負担をかけずに済む葬式の方法や財産の分け方など「前

から気になっていた話を聞きたい」と最前列に座った。

 

 スーパーの店舗で死に関するイベントを催すなど、ひと昔前には考

えられなかったことだ。2009年に葬祭業に参入したイオンは終活フェ

アを関東地方中心に計300回以上開催してきた。

 

 葬式や墓の用意、財産の整理、エンディングノート執筆など、終末

や死後について自ら考えて備える「終活」。高齢者の間で2000年代後

半からブームとなり、12年には流行語大賞の一つに選ばれた。その波

はさらに大きくなっている。

 

□   □

 

 「バスツアーで終活を考える1日を過ごしてみませんか」。旅行大手

のクラブツーリズムは霊園を巡ったり海洋散骨を体験したりするツアー

14年以降、約100回も催行。参加者はこれまでに約2000人に上る。

 

 8月に参加した都内在住の片岡信弘(73)・千恵子(69)夫婦は

「先祖代々の墓を守る負担を子どもにかけたくない」と樹木葬など一

代限りの墓に興味を抱く。同社取締役の藤浪卓(55)は「参加者で多

いのは自分の最期を考えたいという60代後半から70代の層」という。

9月もキャンセル待ちが出る盛況ぶりだ。

 

 今や年間の死亡者が130万人を超える多死社会。死者が増えれば葬

儀や墓が注目されるのは当然だが、「家族の姿が大きく変容したこと

もブームの背景」と第一生命経済研究所主席研究員の小谷みどり(48

はいう。

 

 00年ごろまで主流だった親子孫の「三世代同居」は今では世帯数全

体の11%にすぎない(65歳以上の人がいる世帯、厚生労働省の16年調

査)。代わりに増えたのが「夫婦のみ」(31%)と「単身」(27%)。

高齢者世帯の約6割は最期を託す子がいないか、いても別居しているこ

とになる。

 

 「独立した息子2人には迷惑をかけたくない。自分のことは自分で備

えたい」。東京・江東のマンションに1人で住む相馬静子(78)は終活

をひととおり済ませた。

 

 緊急時の入院手続きや死亡時の届け、葬儀の手配など、多様な支援を

手掛けるNPO法人りすシステム(東京・千代田)と契約。自分の入る

合同墓も購入し、約230万円を費やした。相馬は「この先いつ病気にな

っても安心」と話す。

 

 残る人への気遣いが終活の主な動機であることは、日本経済新聞が7

月、読者モニターを対象に聞いた調査(有効回答528人)でも明らかだ。

 

 終活経験があるか、準備中と回答した人は60歳以上の人の31%。

その理由(複数回答)で多かったのが「子どもらに負担をかけたくない」

61%)と「他人に迷惑をかけたくない」(43%)。「自分の人生にふ

さわしいエンディングを迎えたい」(28%)を上回った。                 

 

 時代背景として1980年代半ば以降のバブル期との関連を指摘する声も

ある。当時、親をみとった世代には、地価高騰に伴う相続難や墓不足に

直面した苦い思いがある。

 

 あれから約30年。今度は自らの最期を考えるときを迎え「同じ苦労は

させたくない」と願う。

 終活ニーズは関連ビジネスの市場も広げる。

 

 東京・江東の国際展示場「東京ビッグサイト」。8月2325日、葬祭

業など終活関連の約300の団体が集まり「エンディング産業展2017」を

開く。孤独死者の埋葬問題に悩む自治体も参加する。昨年の来場者は2万

2000人に達した。

 遺骨を寺に郵送して葬ってもらう「送骨」。格安料金で僧侶を派遣する

「お坊さん便」。以前は考えられなかったサービスも次々登場している。

 終活の今後の主役は47年以降に生まれた団塊世代だ。すでに古希

70歳)を迎えつつあり、人生の最期に向けた活動はこれから本番を迎

える。

 

 

   2017/8/21付[日本経済新聞 有料会員限定]より抜粋

This entry was posted in . Bookmark the permalink.

コメントを残す