エンディングノートの必要性

エンディングノートを書くことが終活のスタートライン

終活の初めにエンディングノートを書く理由

エンディングノートの役割・メリットは計り知れません
終活では人生の終盤、自分の周辺を上手に整理していくことが求められます。そのためには自分に関すること、葬儀や死後の手続きに必要な情報などを分かりやすくまとめておく必要があります。エンディングノートはそのために有効な手段となります。
そもそもエンディングノートとは、過去を振り返り、自分の考えやさまざまな情報を家族が困らないように記しておくためのものです。
自分の人生や普段の生活を振り返り、さまざまな記録を文字にしていくことは、雑多な情報や感情をきれいに整理していくことにつながります。自分自身を見つめ直し、この先の人生をどうのように生きていきたいかを考える糸口にもなることから、終活を始めるに当たって最初に取り組むと良いでしょう。

 

エンディングノートを残すメリットとは

エンディングノートを残す意味
エンディングノートを残すことで、家族には大きなメリットが生まれます。それは多くの法的手続きや決めごとに対して悩まなくて済むことです。
人が死ぬと葬儀や埋葬はもちろん、口座の解約や遺産相続など非常に多くの手間が生じます。そこで必要な情報が手元にないと、遺族は困ってしまいます。いちいち確認していくのには、大きな手間がかかります。
また、機能的な情報だけがその価値ではありません。直接は伝えることが難しかった家族に対する素直な思いや、感謝の気持ち、自分の死後にどう生きてほしいかなどのメッセージが書かれていたら、家族にとって大切な形見の品になるでしょう。残された人にとって役に立つこと、思い出になることが、エンディングノートを残す重要な意味です。

 

 

エンディングノートを書く必要性

【残された遺族の負担軽減】

自分に万が一があった場合、遺品整理を業者に依頼するケースが多いと思いますが、自分が想像しているような丁寧に遺品の仕分けしないのが現状です。「それは形見分けで」、「それは故人が大切にしていた物なので残して下さい」、「それは処分でお願いします」など、実際にはそこまで一つ一つ細かく確認しながら作業することは少ないと思います。「これどうすればいいのだろう」と言う物が多くあります。最近の遺品整理では最初に「エンディングノートはございますか?」と聞かれるそうです。実際には、ご遺族もご存知なく、後々エンディングノートが発見される場合が多いのですが、それがあるのと無いのでは作業時間やご遺族様の負担が大きく異なってきます。エンディングノートは遺品整理のためだけにあるわけではありませんが、それがあることでご遺族の負担が大きく軽減されることは間違いありません。

 

 

【日常生活の備忘録に】

住所や連絡先などの情報を1箇所にまとめたノートがあると日常生活でも便利です。認知症が進んでしまい、施設から自宅へ戻ることが不可能なので自宅を整理して下さいと言われたご家族の方が整理業者に依頼をして、業者の方が部屋を整理していたところ、ご本人が数年前に書いたエンディングノートが見つかったことがあったそうです。そこにはご家族が分からなかった銀行の印鑑がどれだとか、どこの保険に入っているなど、大事なことが実に細かく書かれていたそうです。認知症というのはご本人にとってもご家族にとっても大変つらいものです。そんな心が折れそうなとき、エンディングノートが見つかり、印鑑や保険など細かく書いてあった他に、そこにはとても嬉しいことが書いてあったそうです。それは「みんな、いつもありがとう」ただ、その言葉だけがノートの最後のページの端にちょこんと書かれて、それを見たご家族は、「なんだか頑張れる気がする」とおっしゃっていたそうです。「まさか自分がそうなるとは思わない」いつどうなるかも分からない、普段は照れくさくて言えなこともエンディングノートには思い切って書いてみることをおすすめします。残されたご家族がそのたった一言で救われることがあるからです。

 

【家族にありがとうを伝えるラブレター】

これがエンディングノート最大の役割だと言っても過言ではないかもしれません。自分の人生の中で多くの時間をともにしてくれた家族に「ありがとう」を伝えることは自分の人生の中でもっとも重要なことかもしれません。あなたが病気になり、日々ベッドの上で辛い病気と闘い、また治療で痛い思いをされていたとしたら、どうでしょうか?

テレビドラマでみる状況とはかけ離れているのが実際です。そんな中であなが思っているイメージ通り穏やかに丁寧に「ありがとう」と口頭で伝えることが出来るでしょうか?あなたが「ありがとう」と伝えたいのであれば、エンディングノートにその言葉と想いを文字にしておくことはとても大切で貴重な物になると思います。

 

【エンディングノートの取り扱いについて注意喚起】

エンディングノートは、簡単にいってしまうと「すべての情報を1冊にまとめたノート」です。 家族への想いからはじまり、◯◯銀行はこの印鑑だとか、どこどこのローンの引き落とし口座がどこ銀行だとか。 だからこそ、防犯上の観点からもエンディングノートの取扱いには、十分注意する必要があります。管理人は気を付けなければならないことを理解したうえで、たくさんのメリットがあるエンディングノートを積極的に活用して下さい。

きょうみのある方は今すぐお電話を‼

(終活カウンセラー:佐藤勇一迄)

☎080-8216-4599                  📨info@ohanashi-olive.com

 

 

    お名前 (必須)

    住所 (必須)

    電話番号 (必須)

    メールアドレス (必須)

    お問合せ内容選択 (必須)

    簡単で結構ですので、相談内容を記載して下さい。